三王グループ英文

窯業系の外壁(サイディング)は、セメント質と木片などの繊維質を混ぜ、プレス成形などで板状としたものです。最近建てられる住宅の7割近くに採用されています。

 

不燃外壁材料として、耐火や防火の安全基準を満たし準耐火構造や耐火構造が要求される地域でも豊富なデザインの中から選ぶことができます。

 

当社のお客様の中には、外壁の大部分を窯業系のサイディングを貼り、アクセントウォールとして、玄関の周り、リビングデッキがある部分など、雨や紫外線の影響を受けにくいところに木質系の羽目板を使う方もおられます。

 

窯業系サイディングが使われる主な理由としては以下のような点が挙げられます。
・タイル調、石積み調、無塗装板など、デザインが豊富で予算に応じて好みのものが選べる。
・硬質で密度が高く、耐震性、遮音性、防火性に優れている。
・モルタルなどに比べて工期が短い。

 

外壁は、屋根とともに大切なお客様の財産である家を風雨や積雪から守る役目を担っています。サイディングの施工は、防水機能を損なわないための施工が必要なため、大工工事と分離されることがしばしばあります。

 

当社では、割付と販売をするだけでなく、施工業者の職方との協業で施工まで行うことで、しっかりとその役目を果たす外壁に仕上げます。

 

ここでは、木造住宅のサイディング施工について紹介します。

  写真をクリック
a1 a2
   

 

サイディングの割付けと積算

平面図、立面図、矩計図を基に、CADを使って割付し入隅、出隅、水切り板金などの積算を行います。
CADでサイディングの割付を行うことで、材料の無駄を減らし、加工時の歩留りが良くなります。

  画像をクリック
CAD入力画面1 CAD入力画面2
CAD入力画面3 CAD入力画面4

現場での施工

当社では、外壁通気工法と呼ばれる施工方法で窯業系サイディング(以下、サイディングという)を建物に施工します。

 

防水下地(土台水切りと防水シート)

   写真をクリック
b1 b2

 

通常時の役割は、外回りの土台に均等なスペースの空気の出入口をつくり、壁の中の空気がスムーズに流れるように保つことです。「水切り」という名前は、もし、壁から水が入った場合に上から流れる水を外に出す役目を持っているということで付けられているようです。

 

そして、内部壁内の結露を防ぎ、万が一の水の浸入を防ぐため、湿気は通すが水は通さない素材の透湿防水シート(タイベックなど)をサイディング施工する面の土台水切りから軒桁まで張り上げます。その際、窓廻りなど必要な箇所は防水テープでしっかりと防水処理を行います。

 

次に、通気層をつくるため、胴縁と呼ばれる木材(金属性のものもある)を柱や間柱、窓台・まぐさなどに固定します。通気用胴縁の下端には、大きな虫や小動物が入らないように防虫ネットを取り付ければ下地は完了です。

 

 サイディングの取り付け

標準サイズのままのサイディングと加工(カット)したサイズのものを取り付けていきます。

  写真をクリック
c1 c2

 

サイディングの継ぎ目には、防水シーリングを充填するためのジョイナーと呼ばれる目地を入れ、角には役物と呼ばれる入隅、出隅コーナー材を取り付けながら、これらの取り合いにも標準サイズのままのサイディングと加工したサイズのものを取りつけていきます。

  写真をクリック
d1 d2

 

 サイディングの取り付けが終わると、シーリングの目地に耐候性能が高い防水シーリングを充填するとサイディング工事が完了します。

  写真をクリック
e1 e2

 

 焼杉などの木質系サイディングの場合も同じ外壁通気工法での施工が一般的です。

 

メンテナンス

どのような外壁でもメンテナンスフリーではありません。気温の変化、紫外線、風雨、積雪などの気象条件による表面の変色、塗膜やシーリングの経年劣化、また、台風や地震などによる亀裂や割れなどの損傷は避けることはできません。

 

同じ素材を使用していても、建物が建つ土地の条件によって違ってきます。5年ごとの点検や、自然災害のあとの点検などを行いながら、適切な補修を行っていくことで耐用年数を伸ばすことができます。

 

サンノー産業㈱では、1966年の創業(旧社名:三王産業㈱)以来半世紀にわたり、木材製品を提供し続けてきました。これからも、大自然がはぐくんだ材木を使った木質系建材を皆様の住まいや店舗により多く使っていただけるよう、商品をそろえていきたいと思っております。

 

コンセプトは「木使い上手な設計」

「新築、リフォーム、リノベーションを機に、自然の中で育った木の素材をもっと多く取り入れてみませんか」

私たちの日常生活は、金属、プラスチック、化学繊維…人工的に作られた製品で囲まれ、タブレットやスマホなどデジタル機器で便利になった反面、「くつろげる時間や空間」を失っていっているような気がします。

せめて、家族が集う居間、また、自分が使う書斎や子供の部屋には、何十年もかけて育った木の素材を使うことで、私たちは生態系の中の一つであるということを感じられる空間をつくってみてはいかがでしょう。

木材は、素材によって、そして、育った環境によって、同じ樹でも、削り方や削る面によってすべての材料が違った表面になります。また、それぞれが天然の色と模様を持っています。また、建物の一部に使われてからも、色の変化を楽しむことができます。木材は、経年美化が楽しめる素材でもあります。木は十人十色、私たちの成長と似ている気がします。

当社では、いろいろな素材のインテリア、エクステリア建材を取り扱っています。その中でも、ぜひ使っていただきたい健康志向や環境負荷軽減などを考える消費者に選ばれる木質系建材、そして、耐候性が高い外壁を紹介します。

 

インテリア建材

里山(SATOYAMA) 国産材(桧、杉)を生活に取り入れる。

里山シリーズとして、身近な木材である桧や杉を製材して加工した無垢材や集成材があります。内装用として、床材、壁材、天井板に使える板材を紹介します。

そして、エクステリアには焼杉板を提供しております。

  写真をクリック 
73e5031df6e5b15423dfeb1dd3926f63 9cdc57e9b4031d8a505587dab9fcb076
5772815181af59775cac50fba52e85f3 7a1e6f7d3309ae52f959c225c1b0b9fe

 

海の向こうで育った木の建具を合わせる

杉と桧の木材製品を使った部屋に、欧州風の木質建具を合わせ、彩(いろどり)と素材の色の変化を楽しむ。

正直、檜や杉の建具は、まだ、建具職人がつくる特注品として製造されるものが多いのが現状です。そのため、既製品である無垢の面材の建具といえば、ニュージーランドや欧州で育った木材を使用したものが一般的に流通しています。

天然いぐさの畳を敷いた大壁和室にパインの面材建具を合わせたり、檜や杉のフローリングに、白く塗装した内装ドアを合わせたり・・・なかなか面白いデザインになります。

畳部屋では、いぐさ表の色が黄金色に変わるにつれて、また、無垢材のフロアー、壁材、現わしの梁などを使った部屋では、その木材も黄金色や茶色に変わっていく天然の素材ならではの経年美化と、好みの色で合わせた建具とのコントラストの変化も楽しめます。

家具やキッチンなども、違った素材の木製をもってくることで、自然の木の持つ風合いで室内を彩ることができます。

また、シックな塗料で塗られた建具や壁の色をチョイスすることで、調和のとれた室内のアクセントとなるかもしれません。

   写真をクリック
1 2
3 4
 IMG_0461  5

 

焼杉(YAKISUGI) 里山で育った木の鎧(木質系サイディング)

スギ板の表面を焼いて炭化させることで、耐候性が高まります。また、炭化層は熱を通しにくくするため、もともと熱伝導率(熱の通しやすさ)が低い木材の断熱性がさらに高まるそうです。

杉の木目と色は自然素材独特のデザインを持ち、自然素材にこだわるオーナーの住宅の外壁に多く使用されています。また、庭の草木に合うことで、ガーデニングに使う物入れや、公園のパーゴラやバーベキューハウスなどにも使われています。また、壁全面に貼ると単調になるので、アクセントウォールとして、玄関周りの壁やコーナー部分に使われる方もおられます。

兵庫県のある近畿地方、四国なら徳島、をはじめ、愛媛、香川、高知ならどこにでもある杉の木を製材し、バーナーで処理をした壁板が焼き杉です。そして、焼杉は里山の木を使った天然のデザイン素材です。

  写真をクリック
1 2
3 4
201107塗装2号 5

和モダンの家に合うシックなカラーの焼杉もあるので、好みに合わせた色を見つけてください。

http://www.nakamotozourin.co.jp/lineup/exterior/ext02_05.html

Chips!木の素材の長所と短所       詳しくはクリック

 

窯業系サイディング

高温多湿の関西や四国で外部には木材を使用したくない・・・どうしても使いたくないお客様には、窯業系サイディングをお奨めしています。   

詳しく見る2

 

Copyright:(C) Sanno Housing Co.,Ltd All Rights Reserved