三王グループ英文

プレカット事業概要

プレカット加工とは

プレカット概要1木造建築物の骨組みに使う木材を、現場で組み立てられるように、工場内にある機械を使って仕口加工や接合金物用のスロットや孔の加工をすることです。もちろん、手加工も含まれますが、一般にCAD/CAMシステムで加工することをプレカット加工といいます。
大工が手加工でノミや鉋を使って加工をすることを産業機械が行うのですが、もともとの目的は、経済成長時代の住宅需要に対応するために、大手ハウスメーカーが推進してきたのですが、住宅着工数が減少した現在は、大工職人の高齢化や職人数の減少を補う役割を果たしています。
最近では、国内で建設される木造住宅(在来工法)における構造材のプレカット率は90%を超えるといわれるほど普及しています。

 

プレカット加工の特徴

プレカット概要2加工形状の精度が高い。(集成材、乾燥材を使用した場合)
現場での切削作業が大幅に削減される。(構造材、羽柄材、床、野地合板まで加工した場合)
現場での組立工程が大幅に短縮できることで、雨養生等の期間が短くて済む。
加工コストがわかりやすく(材料費+加工費+運搬費)
一般的にすべての部材を大工職人が手で加工する場合より安くなる。
上記は、いずれも大工職人が手で加工する場合と比較した場合です。
しかし、以下のような建築物は、プレカットのメリットが薄れてきます。
・家一棟のほとんどの柱や梁に節がなく、それらが見えるような物件
・古民家のような丸太梁を多く使用する場合。
・一般に流通している人工乾燥の木材や集成材以外の木材を使用する場合。

 

木造住宅用構造計算

一般住宅用CADシステムでは、構造計算書類を作成することができます。通常、住宅の骨組みを入力する際には、CAD上で柱間の距離に対して、どれくらいの大きさの梁が必要かどうかを考えながら入力しなければなりません。
また、その際に、梁の大きさだけでなく、柱と横架材が離れようとする引き抜き力や、建物の重心や偏心を判定プログラムで確認しながら、要求される耐震強度を保つため、いろいろな分析を行いながら入力作業を行っていきます。
必要な場合には、数百ページにも及ぶ構造計算書を発行することができます。

 

木材プレカット事業の沿革

 

昭和63年 愛媛県新居浜市に三王ハウジング株式会社を設立(三王産業建築部より)
平成元年 木造軸組プレカット加工設備導入
平成3年 住友林業㈱住宅本部指定プレカット工場となる
平成4-11年 構造材、羽柄材、野地合板の加工設備を整える
平成12年 ISO9001認証取得(木造住宅用プレカット製品の製造)
平成15年 ISO14001認証取得(木造住宅用プレカット製品の製造) 
建築士事務所開設
平成16-19年 金物工法、床合板の加工に対応可能となる。
3DcadによりCNC加工機(フンデガー)で特殊加工部材、大断面集成材の加工が可能になる。
平成27年 BTLフォーマットのCAMデータに対応することでCLTパネル(小幅パネル)の加工が可能となる。

 

Copyright:(C) Sanno Housing Co.,Ltd All Rights Reserved